昭和62年の台風19号

災害年月日
1987年10月16日
市町村
香川県三木町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和62年(1987)10月16日午後7時20分、台風19号の接近に伴い、高松地方気象台は暴風雨、波浪、洪水の三警報を発令した。三木町では午後8時に水防本部を設置し活動したが、2日足らずで年間雨量の半分近い471ミリという記録的な豪雨に見舞われ、建物の全壊6戸、半壊6戸、一部破壊159戸、床上浸水171戸、床下浸水602戸のほか、山崩れ、ため池の決壊、道路・橋梁の損壊、農地の流失などかつてない被害を受けた。災害救助法が適用された。また、新川激特事業が実施された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三木町史編集委員会編「三木町史 現代史編」(三木町、2004年)、16-22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 山崩れ 災害救助法 新川激特事業
NO.
香川1117

よく似た災害

昭和58年の台風10号

昭和58年(1983)9月28日、台風10号の襲来により、県下に大雨洪水警報が発令された。水防本部は午前9時30分に設置、午後7時30分に解散。町内の... 続きを読む

昭和38年の台風2号

昭和38年(1963)6月2日~4日、台風2号により前線が活発になり、香川県内でも、大雨のため各地で溜池の堤防決壊を生じた。坂出市府中町の野峯池の決壊... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風により大洲・喜多郡内では至る所で水害、山津波等に見舞われた。被害は、死者46人、家屋の倒壊678戸、半壊345戸... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号の来襲により、午前9時から7日午前1時までの16時間の総雨量は五名ダムで234.5ミリ、与田山で375ミリを記... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、大地震が起きた。香川県では、死者52人、負傷者273人、全壊家屋608戸、半壊2,409戸のほか、埋... 続きを読む