昭和62年の台風19号

災害年月日
1987年10月16日
市町村
香川県三木町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和62年(1987)10月16日18時頃から夜半にかけて、台風19号により風雨が最も強まり、県内各地で1時間に30~40ミリの雨が降り続き、高松市では最大瞬間風速35.3m/秒を記録した。三木町では16日から17日にかけて471ミリという、年間雨量の半分近くの降雨があり、各地で山崩れ、河川の氾濫により被害が発生した。被害は全壊6戸、半壊6戸、一部破壊159戸、床上浸水171戸、床下浸水602戸、溜池149箇所、水路344箇所、農作物1,023ha等に及んだ。被害状況写真、体験記が掲載されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三木町災害と復旧の記録編集委員会編「昭和62年10月台風19号災害と復旧の記録 まさか三木町に」(三木町、1990年)、14-19頁及び27-39頁及び67-94頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 山崩れ 体験記
NO.
香川1420

よく似た災害

昭和30年の豪雨

昭和30年(1955)6月18日から19日にかけて、比較的短時間に県下各地で100~150ミリに達する豪雨があり、かなり被害を受けた。 続きを読む

明治34年の豪雨

明治34年(1901)6月から7月にかけて、豪雨のため各地で水害が発生した。 続きを読む

昭和31年の台風12号

昭和31年(1956)9月9日、台風12号が九州西方海上から日本海を北上した。本県では9日夜から10日午前にかけて風雨が強かった。渡川、仁淀川、吉野川... 続きを読む

昭和10年の大雨

昭和10年(1935)6月26日から30日にかけて連続して大雨が続き、各地で農作物や道路などに被害が続出した。 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日から9月19日にかけて、各地で干害被害が出た。 続きを読む