明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)、干ばつにより、井水は涸れて汲む水がなく、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香川町史編集委員会編「香川町史」(香川町、1970年)、189頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 収穫皆無
NO.
香川1148

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日から8月15日まで雨がなく、井水は涸れ、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月23日より8月15日まで雨なく、井水は涸れ、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。干ばつの被害は大であった。(「香川県気象災害... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつのため、8月に陸軍が200発の実弾射撃をして雨乞い。稲作収穫皆無の田地も多大。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月26日小雨の後、9月7日まで135日間降雨らしきものがなく、用水が枯渇し、飲料水にも事欠き、各所で井戸掘りかんがいや土瓶での... 続きを読む

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)8月、干ばつ。農作物は40年来の不作で稲作は収穫皆無の田地300町歩に及んだ。 続きを読む