昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月09日
市町村
香川県高松市(庵治町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月9日~12日の4日間、台風17号により降り続いた雨量は約600ミリを記録した。このため、町内全域で、道路の流出、河川の氾濫、ため池の決壊、急傾斜の崩落が相次いだ。人命の失われる最悪の事態となり、町始まった以来のもっとも大きな災害となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高松市編「庵治町史」(高松市、2007年)、126頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 ため池決壊 急傾斜崩落 死者
NO.
香川1267

よく似た災害

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日、台風17号による集中豪雨に襲われ、町内全域で山津波、山崩れによる土石流、急傾斜地の崩壊、河川の決壊などが発生し、多数の... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、台風17号により9月8日から13日に至る6日間の降雨量は457.5ミリという集中豪雨となり、町内の各所でため池の決壊、道路の損... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、南予地方の漁船が壊滅的な打撃を受け、多数の人命が失われたが、三間町の損害は少なかった。 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激し、夜半から集中豪雨となり、時間雨量92ミリを記録した。河川の氾濫と満潮が重なり、安田地区、苗... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号による肥土山地すべり

昭和40年(1965)9月10日から17日にかけて襲来した台風23号及び24号により、肥土山では連続雨量632ミリ、日最大雨量90ミリの記録的豪雨とな... 続きを読む