昭和9年の干ばつ

災害年月日
1934年07月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公園の泉水をかんがい用水としている宮脇町・西浜町の農家は県知事に配水を嘆願したが、公園の風致がこわれるとの理由で断られた。高松市長が風致がこわれない程度の配水を要望したことにより、若干の配水が行われたが、焼け石に水であった。高松市の田植え未了の水田は40haに及んだ。
Googleマップ
参考文献
高松百年史編集室編「高松百年史 上巻」(高松市、1988年)、623-624頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 栗林公園 宮脇町 西浜町
NO.
香川1353

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降水量は、32.5ミリで、そのうち8月の降雨量は1.7ミリという記録的な少雨であった。栗林公... 続きを読む

明治10年の水争い

image

明治10年(1877)夏、西潟元村(高松市屋島西町)では田植え水が不足したため、久米池からの配水を要請したところ、春日村、新田村(高松市春日町、新田町... 続きを読む

正徳2年の干ばつ

正徳2年(1712)、旱天のため、下井堰の農民から中井堰の配分について問題が提起されたが、「先規」に基づき普請奉行により下井側の要求は拒否された。下井... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、干ばつのため、8月下旬には県下のため池には貯水がなくなり、仁池も最後の配水について理事、水利監督などが協議し、上法と富熊のどち... 続きを読む

昭和12年の干ばつ

昭和12年(1937)8月、県内山地では100~200ミリの降雨に恵まれたが、海岸及び吉野川流域では甚だ少なくほとんど50ミリ以下であった。徳島では2... 続きを読む