寛政2年の干ばつ

災害年月日
1790年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
寛政2年(1790)、旱天が続き、領内の稲作は減収し、公租も納まらなかった。藩では困窮した百姓のため、米5,500石を貸し出し、このうち3,000石は年賦で毎年返却するものの、残り2,500石は当分返納しなくてもよいという救済策を講じた。
Googleマップ
参考文献
一宮郷土誌編集委員会編「さぬき一宮郷土誌」(一宮郷土誌編集委員会、1990年)、340頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1390

よく似た災害

寛延元年の干ばつ・台風

寛延元年(1748)6月4日、大風雨の後、7月下旬まで一滴の降雨もなく、田んぼに亀裂が生じ、稲や粟は既に枯死する有様であった。7月21日~22日に大風... 続きを読む

寛政12年の干ばつ

image

寛政12年(1800)10月、土地の干ばつが引き続くことを憂い、岡田の大庄屋・木村又左衛門が打越下池の新築を請願するも許可ならず、引き続き再三再四請願... 続きを読む

天保元年の風雨

天保元年(1830)、大風雨。天保4年まで毎年続く。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月28日から8月29日まで、干ばつのため、飲料水が欠乏し、農作物の枯死するものが多かった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)夏、大干ばつとなり、地割れ多く、稲田に土びん水をしたが枯死するものが多かった。 続きを読む