昭和49年の台風8号

災害年月日
1974年07月06日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激して、内海町の降雨量は6日9時~7日9時に365ミリを観測し、年間雨量の約4分の1が1日に降った。このため、19時から24時にかけて河川は増水し、満潮時が重なり、安田、苗羽地区は浸水家屋が続出した。また、急傾斜地が多い橘、岩谷、福田、吉田地区では土砂崩れが起こり、橘地区の19人をはじめ29人の死者が出たほか、被害は重傷者18人、軽傷者23人、全壊57戸、半壊71戸、床上浸水1,081戸、床下浸水855戸等に及んだ。体験記が掲載されている。
Googleマップ
備考
昭和49年の台風8号及び昭和51年の台風17号による土石流災害が再び起こらないように、内海町には「やすらぎの塔」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
内海町災害の記録編集委員会編「昭和49年7月台風8号による集中豪雨 災害の記録」(内海町、1975年)、1-19頁及び40-41頁及び50-59頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 土砂崩れ 死者 体験記
NO.
香川1415

よく似た災害

昭和49年の台風7号

昭和49年(1974)7月6日の台風7号は、9時~24時に太陽の丘で358ミリという局地的な集中豪雨を記録した。このため、内海町の全域で山崩れ、崖崩れ... 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月5日~7日、台風8号により、小豆島東岸の灘山から橘にかけて400ミリ前後の降雨となった。この降雨により、土石流が発生し、橘地... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号に伴う集中豪雨があった。内海地区の10日から12日の3日間の雨量は年間雨量を上回る1,400ミリに達... 続きを読む

昭和50年の台風5号

image

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、土佐市では時間雨量117ミリ、24時間雨量550ミリを記録した。鳴川地区では17日午後4時20分頃、... 続きを読む

昭和49年の集中豪雨

昭和49年(1974)7月6日から7日にかけて、台風8号が梅雨前線を刺激して、四国地方は大雨となった。内海町の太陽の丘では、6日9時から7日9時までの... 続きを読む