昭和36年6月の大雨

災害年月日
1961年06月24日
市町村
香川県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)6月24日から27日まで、梅雨前線が活発になり雨が降り続き、28日、29日にも時々雨が降った。この間の香川県の雨量は90~180ミリで、26日から27日朝にかけて最も多く、東讃では100ミリを越えた。県下の被害は床下浸水100戸、田冠水221ha、山・崖崩れ10箇所であった。(高松地方気象台「異常気象速報」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、71頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 梅雨前線 山崩れ 異常気象速報
NO.
香川1485

よく似た災害

昭和27年7月10日の大雨

昭和27年(1952)7月10日午後から11日朝にかけて、梅雨前線の活動が強まり、四国地方は多量の雨が降った。県下の被害は負傷者1人、家屋の半壊3戸、... 続きを読む

昭和28年7月の大雨

昭和28年(1953)7月18日、梅雨前線の停滞により、香川県では雷鳴を伴った大雨が降り、県中央部では特に甚だしかった。県下の被害は死者1人、行方不明... 続きを読む

昭和34年7月の大雨

昭和34年(1959)7月14日~15日、出戻り梅雨のため局地的大雨が降り、特に物部川上流域では14日に1時間77ミリの豪雨が降った。被害は床下浸水3... 続きを読む

昭和51年7月の大雨

昭和51年(1976)7月19日から20日かけて、熱帯低気圧により梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。徳島の総雨量は285.5ミリであった。被害... 続きを読む

昭和51年7月の大雨

昭和51年(1976)7月19日から20日かけて、熱帯低気圧により梅雨前線の活動が活発になり、大雨となった。徳島の総雨量は285.5ミリであった。被害... 続きを読む