明治15年の水論

災害年月日
1882年08月10日
市町村
香川県まんのう町(満濃町)
災害種類
渇水  
概要
明治15年(1882)8月10日、炭所西片岡の土器川に築かれた薬師堰からの分水をめぐり、長尾側と岡田側の間に紛争が起こった。これは、薬師堰の分水後の水量が少ないことを理由に、長尾側が分水口に石を積んで、分水位をおもじょ岩の基準線よりも高くしたため、岡田側から多人数が押しかけて石を取り除いたためであった。
Googleマップ
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、628頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水争い 土器川 薬師堰 亀越池
NO.
香川1520

よく似た災害

大正3年の水論

大正3年(1914)8月、炭所西片岡の土器川に築かれた薬師堰からの分水をめぐり、長尾側と岡田側の間に紛争が起こった。長尾側は薬師出水の暗渠の出口から水... 続きを読む

明治15年の干ばつ

明治15年(1882)8月23日、うち続く干天のため、水の困窮した綾歌町岡田地区と満濃町長尾地区の百姓が衝突した。両地区に分水する薬師堰には、「おじょ... 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)、菖蒲堰の上堰と下堰の分水をめぐり、水論が起こった。 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰の分水をめぐって、樋口外4ヶ村と北方村で水論があったが、分水率は明確に決まらなかった。(東温市の水利年表) 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、菖蒲堰の上堰と下堰の分水をめぐり、水論が起こった。 続きを読む