寛政2年の干ばつ

災害年月日
1790年07月00日
市町村
香川県高松市(香川町)
災害種類
渇水  
概要
寛政2年(1790)6月、日照り続きのため、干ばつ。芦脇井堰をめぐって、香東川の東岸(川東)と西岸(川西)との間で水論があった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、1038-1039頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 芦脇井堰 水争い
NO.
香川1547

よく似た災害

天明2年の干ばつ

image

天明2年(1782)、大旱。芦脇井堰をめぐって、香東川の東岸(川東)と西岸(川西)との間で水論があった。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

寛政3年の水論

寛政3年(1791)夏、日照り続きで、7月6日には干ばつの被害を受けた成合村の百姓と鹿角村の百姓との間で水論が起こり、激しい水喧嘩となった。新水戸にあ... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)夏、日照りが続いた。香東川の上流にある「芦脇井関」で水が堰き止められると、下流の「一の井関」には水が流れないが、この時にも芦脇井関... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰の分水をめぐって、樋口外4ヶ村と北方村で水論があったが、分水率は明確に決まらなかった。(東温市の水利年表) 続きを読む

宝暦10年の水論

宝暦10年(1760)、南高井・北高井の間で水論が激烈。(「久米村誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む