昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
高知県南国市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日に降り出した台風17号による雨は、12日に県中部に集中豪雨をもたらした。南国市の雨量は830ミリに達した。稲生、片山、朝日町、西野野、後免、野田など舟入川から下田川沿いで家屋の浸水が多かった。また、白木谷、蒲原などで山崩れがあり、農作物の被害、道路橋梁などの被害にも見舞われた。被害は、行方不明1人、住家半壊1戸、床上浸水91戸、床下浸水448戸、田畑冠水196ha余などで、被害総額は5億7千万円余となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
南国市編纂委員会編「南国市史 下巻」(南国市、1982年)、368-370頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨 舟入川 下田川 山崩れ
NO.
高知467

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、内海町は台風17号に見舞われた。9月11日には内海町で日雨量819ミリ、8日から13日に至る6日間の降雨量は1,376ミリ... 続きを読む

昭和57年7月の豪雨

昭和57年(1982)7月24日、宇和町は251ミリの豪雨に見舞われた。特に24日午後1時~2時までの時間雨量は31ミリと記録的なものであった。このた... 続きを読む

昭和56年の異常低温・大雪

昭和56年(1981)2月25日~28日に、異常低温に見舞われた。25日、26日は終日氷点下で、27日には氷点下8.2度を記録した。各地で水道管が凍結... 続きを読む

平成4年の台風11号

平成4年(1992)8月18日、台風11号が宮崎県と大分県との県境に上陸し、須崎市も大雨に見舞われた。須崎市の被害は道路8箇所、河川4箇所、水田の冠水... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、重信川では既往最大の洪水に見舞われ、破堤・溢水8箇所、家屋の浸水約12,500戸などの被害を受けた。 続きを読む