昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月12日
市町村
高知県高知市(鏡村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月12日午前9時、台風17号は屋久島の南西海上から北北東に進路をとり、13日に山口県の日本海川に抜けた。鏡村では8日から13日までの6日間、雨が降り続き、総雨量は1,835ミリに達した。鏡ダムでは12日に時間雨量96.5ミリを記録し、異常放流が行われた。13日午後6時頃、敷ノ山で山崩れが起こり、通りがかりの母子が行方不明となった。このほか、家屋の全壊・流失11棟、浸水82棟、道路の決壊270箇所、農地等に甚大な被害が出た。災害救助法が適用され、激甚災害の指定が行われた。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鏡村史編纂委員会編「鏡村史」(鏡村教育委員会、1989年)及び587-590頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 鏡ダム放流 敷ノ山 山崩れ 死者
NO.
高知481

よく似た災害

昭和51年8月の大雨

昭和51年(1976)8月9日未明から、高知県各地は強い雨に見舞われた。この雨は台風13号の影響によるものであった。また、安和海岸で遊泳中の大学生ら3... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて来襲した台風17号は、穴吹町に豪雨をもたらし、8日~13日の降水量は穴吹で1,057ミリに及んだ。この... 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)7月10日~8月11日の総雨量が11ミリに過ぎず、各地で雨乞いが行われた。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)8月19日、阿野南組によって滝宮神社と滝宮天満宮で雨乞い念仏踊りが奉納された。この年は県下全域で雨乞いが行われ、念仏踊りが奉納され... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日夜から23日午前にかけて暴風雨が襲来した。宇多津では大束川が2箇所で決壊し、家屋の流失15戸、行方不明者が出た。また、2... 続きを読む