大正7年の台風

災害年月日
1918年07月12日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨により仁淀川は大洪水となった。名野川で566ミリ、全壊・半壊131戸、高瀬峰で山崩れにより死者3人、行方不明1人。この年、2ヶ月間に台風が6回襲来した。(仁淀川誌」による)
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 仁淀川 高瀬峰 山崩れ 死者
NO.
高知486

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨により仁淀川は大洪水となった。雨量は名野川で566ミリに達し、堤防が決壊し、家... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨となり、仁淀川大洪水となった。名野川の雨量は566ミリで、堤防決壊した。全壊・... 続きを読む

昭和10年の台風

昭和10年(1935)8月28日、台風が土佐清水市に上陸した。25日~28日の雨量は長者538ミリ、名野川378ミリであった。高瀬和田で地すべりが起こ... 続きを読む

大正4年の豪雨

大正4年(1915)8月28日午後11時、豪雨のため、中庄山路で山崩れあり、家屋の全壊8棟、半壊12棟、埋没1棟に及んだ。(曽我部房一談による) 続きを読む

大正9年7月の台風

大正9年(1920)7月24日17時、台風が須崎付近に上陸し、松江方面に抜けた。県内の雨は24日午後から翌早朝に強く、東部は非常な豪雨で山崩れとなった... 続きを読む