昭和24年の干ばつ

災害年月日
1949年00月00日
市町村
高知県佐川町
災害種類
渇水  
概要
昭和24年(1949)、旱害は斗賀野村全村に及び、特に中組角口、入寺山、薄木方面は亀裂が大きく、稲の枯死が多かった。
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「斗賀野村史」(斗賀野村教育委員会、1954年)、183頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知527

よく似た災害

昭和24年の干ばつ

昭和24年(1949)、60日余にわたる干ばつのため、稲の枯死が多く、乾電地帯は亀裂が多かった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)夏、大干ばつで土びん水対策が行われたが、稲の枯死が多かった。 続きを読む

昭和24年の干ばつ

昭和24年(1949)7月下旬から8月上旬にかけて、優勢な小笠原高気圧におおわれ好天が続きいた。綜合斗賀野村誌略には「殊に中組、角口、八寺山、薄木方面... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月28日から8月29日まで、干ばつのため、飲料水が欠乏し、農作物の枯死するものが多かった。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月26日から6月7日まで、雨が降らず、6月7日に小雨の後、9月10日まで雨らしい雨はなく、旱天135日に及んだ。池底は亀裂がで... 続きを読む