明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県中土佐町(大野見村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日午前中、大雨となり、川は増水、氾濫し、12時頃には山が崩れた。田畑は一面の泥海と化し、濁流により材木、馬、家屋が流れた。12時~1時までが最もひどかったようであるが、急に水が引いたので、人々はおかしいと思いつつも、減水したため安心していたところ、1時間後に山鳴り、地響きが起こり、大濁流が押し寄せたため、人々は山などに避難した。翌日になって、奥地から失った人や馬を探して人が来て、倉川の山の大ヅエで堰き止められていた濁流が一挙に流れ出たことが分かった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大野見村史編纂委員会編「大野見村史」(大野見村、1956年)、63-66頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 山崩れ 行方不明 堰き止め
NO.
高知573

よく似た災害

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、暴風雨により、鴨島町牛島の堤防が決壊して江川が吉野川の本流となり、濁流は破堤部から石井町に向けて押し寄せ、浦庄、高原、... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日、吉野川大洪水。麻植郡牛島村で吉野川決潰、江川が本流となり破堤部から石井へ向かって濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原が泥... 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、総社川が大洪水のため、蔵敷村で堤防決壊、今治城三ノ丸の堀まで濁流が押し寄せるほどであった。享保9年に総社川の瀬堀普請が... 続きを読む

明治23年の台風

image

明治23年(1890)9月11日、台風により篠つく豪雨となった。特に四万十川上流の東津野、檮原郷の雨量が多く、沿川では牛馬や住家が流されるなど洪水被害... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月9日、吉野川大洪水。この時、麻植郡鴨島町牛島の堤防が決壊し、破堤部から石井町に向けて濁流が押し寄せ、浦庄、高原、高川原などが... 続きを読む