大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日朝、前日からの雨が篠つく豪雨となり、伊与木川は濁水氾濫して、全村の耕地は水底に没した。人家もほとんど床上浸水し、人々は胸を没する濁水の中を高地に避難した。浸水がひどかった家では、夜になって浸水が二階の床上3尺に及び、二階から船で脱出した。佐賀村の全戸数893戸のうち、79%の703戸が浸水し、死者3人を出した。その上、山崩れが多く、川に崩れ落ちた土砂が田畑に流れ込んで耕地は川原と化した。また、水稲の出穂期と重なったため、収穫皆無となった所が多かった。
Googleマップ
参考文献
大塚政重著「佐賀町郷土史」(佐賀町教育委員会、1965年)、52-53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 伊与木川 死者 山崩れ
NO.
高知575

よく似た災害

大正7年の台風

大正7年(1918)9月14日、激しい暴風雨があり、土器川と金倉川が氾濫した。土器川沿いの土居町、風袋町、瓦町で床上浸水したところが多かった。金倉川の... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日夕方から、本格的な台風となり、北井上村では村民は屋内に閉じこもった。夜半頃になると、濁水が押し寄せてきて、床下から床上に... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日から24日まで、降り続き、大洪水となった。知恵島村の千田須賀北・中須賀・西知恵島及び柿原村の小笠等の堤防が数箇所で腹崩れ... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日朝から大雨が降り出し、風も次第に強くなり、夜にはますます激しくなった。丸亀では清水で土器川の堤防が決壊して、深さ5尺(約... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日、豪雨のため、諸川増水氾濫して、橋は流され、堤防は決壊して、家屋を流し、農作物を埋め、田野は海のような状態となった。舟で... 続きを読む