明治23年の洪水

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県四万十町(大正町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)旧7月27日午前8時頃より大雨が降り出し、12時頃増水し、仁井田川筋で山崩れに突き出され、木に押し流された家数1,000余戸、死者2,000人余、その他牛馬、犬猫の死亡は多数であった。 この洪水を体験した人々の体験談が記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大正町誌編纂委員会編「大正町誌」(大正町誌編纂委員会、1970年)、634-635頁及び637-642頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 大雨 山崩れ 仁井田川 死者
NO.
高知585

よく似た災害

享保9年の洪水

享保9年(1724)8月14日の大風・洪水、22日~23日の大暴風・洪水により、河川・海岸の堤防はことごとく決壊して、田畑は一面海のようになり、山は崩... 続きを読む

寛延2年7月の洪水

image

寛延2年(1749)7月2日、3日、大洪水により、井関池では堤防破壊40間余となり、人畜の死亡は数えられないほどであった。 続きを読む

明治9年の水害

明治9年(1876)、四万十川の水害のため、圧死者、その他多数の死者があった。 続きを読む

昭和18年8月の洪水

昭和18年(1943)8月20日、昨日来の大雨、朝来の台風により、本年2回目の大洪水となった。浸水家屋は多数で、穂上浸水35ha、流失田畑多し。(「五... 続きを読む

昭和18年8月の洪水

昭和18年(1943)8月20日、昨日来の大雨、朝来の台風により、本年2回目の大洪水となった。浸水家屋は多数で、穂上浸水35ha、流失田畑多し。(「五... 続きを読む