明治19年の台風

災害年月日
1886年08月21日
市町村
高知県三原村
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)8月21日より9月24日まで、数回の暴風雨により、諸作物は損傷し、中でも稲作は皆無となった。家屋の倒壊・半潰は無数であり、倒壊は免れても屋根を剥ぎ取られない家は皆無といってよいほどであった。また、降雨が激甚であったために、各所に無数の山崩れがあり、川沿いの田地では表土の流失、深渕化し、堰、堤防の決壊・破損は甚大であった。作物は田畑とも極端な凶作で、山ではツワブキの茎と葉を採り、野ではホゼ(まんじゅしゃげ)の球茎を掘り起こしたほどであった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「三原村史」(三原村教育委員会、1971年)、497-499頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 堤防決壊 凶作
NO.
高知612

よく似た災害

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)6月、干ばつが42日間続き、畑作物は皆無となった。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日午後3時から翌日11日午前5時頃まで、大しけとなった。また、9月24日~25日の大風、8月21日及び9月17日の台風と... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、前年と同様に大日照りで、諸作物は日焼けとなり、不作となった。黍作は皆無となった。旧8月11日に大風が吹いて、少々残っていた黍作... 続きを読む

明治19年9月の洪水

明治19年(1886)9月6日午後より降雨、9日出水が1mを超す。10日午前に、風勢漸次強くなる。11日夕暮れになり減水し始める。当年は凶作となり、大... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)9月、徳島県下で大雨、諸川洪水。徳島市川内町などでは津波が護岸堤防を乗り越え、高さ2mで猛烈に襲い、樹木はほとんど枯死、作物は腐... 続きを読む