昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
高知県三原村
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和45年(1970)8月21日午前8時過ぎ、台風10号が佐賀町付近に上陸した。三原村では1時間当たり雨量60ミリ、台風時の総雨量273ミリを記録した。村では午前5時50分に、三原村災害対策本部を設置し、緊急警戒体制を整えた。幸い人畜に被害はなかったが、住家の一部破損96戸、床下浸水16戸、非住家35棟、田の流失・埋没1ha、冠水300ha、道路1箇所、橋梁8箇所、河川5箇所、崖崩れ4箇所等の甚大な被害を受けた。農産物の被害では米作被害が最も甚大で、農家の受けた経済的損失は大きかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「三原村史」(三原村教育委員会、1971年)、523-524頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 災害対策本部 崖崩れ
NO.
高知618

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日、15日、ルース台風により、三好郡では死者3人、負傷者13人、住家の全壊108戸、半壊280戸、非住家の全半壊1,1... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日未明、土佐沖を北上した台風5号は宿毛市付近に上陸し、北上して周防灘から日本海方面に抜けた。三原村では午前9時頃から風雨... 続きを読む

昭和13年9月の台風

昭和13年(1938)9月5日午前11時頃、台風が牟岐に上陸し、徳島市を通過して北灘村に抜けた。横瀬の雨量は394ミリに達し、勝浦川は増水し、生比奈の... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日午前、台風10号が幡多郡佐賀町付近を通過し、早朝から猛烈な風雨が吹き荒れ、家屋の破損や床下浸水が相次いだ。三原村では午... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月18日~21日、台風7号により降雨があり、山岳地帯では連続雨量600ミリを超え、日雨量300ミリを記録した。このため、東予の... 続きを読む