昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和45年(1970)8月21日午前8時過ぎ、台風10号は佐賀町と大方町の町堺付近に上陸し、梼原を経て、島根県太田市付近から日本海に抜けた。須崎地域では、台風の襲来が満潮時と重なり、高潮により家屋、漁港、漁業施設等に被害が大きかった。また、新荘地区では施設園芸、野見・大谷地区では小中学校校舎の被害や水産関係など、各地で被害が出た。須崎市の被害は住宅の全壊35世帯、半壊409世帯、一部損壊3,550世帯等に及び、被害総額は37億3,150万円に達した。災害救助法の適用を受けた。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、93-96頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 高潮 満潮 災害救助法
NO.
高知4116

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日午前9時、台風10号は梼原町付近に進み、11時過ぎには松山市の東方を通って安芸灘に入った。県下全域に甚大な被害を受けた... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月24日夜半より25日未明にかけて襲来した台風20号により、安田町で住家の全壊3戸、半壊15戸、冠水田10町歩、農作物の被害7... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月15日~17日、台風19号が来襲し、降雨量が313ミリとなり、土木施設関係、農林関係などに多大な被害。(西条市自然災害年表... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、台風15号(伊勢湾台風)により、被害は土木関係721箇所1億8,000万円、漁業関係21箇所6,600万円、港湾関係... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日までの間に、台風17号により、降雨量は町役場で663ミリ、小田地区では1,000ミリを超した。町内各地で山崩れ... 続きを読む