安政6年の干ばつ

災害年月日
1859年00月00日
市町村
高知県三原村
災害種類
渇水  
概要
安政6年(1859)、宮ノ川村で大干ばつがあり、50日以上に及ぶ日照りのため、にわかに井戸を掘るなどして応急策を講じたが、田方用水の不足は補えず、被害甚大で、百姓は困り果てた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「新編 三原村史」(三原村、2003年)、472頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 宮ノ川村 井戸掘り
NO.
高知619

よく似た災害

安政6年の干ばつ

安政6年(1859)、宮ノ川村で大干ばつがあり、50日以上に及ぶ日照りのため、にわかに新井戸を掘るなどして応急策を講じたが、田方に用水は万遍なく行き渡... 続きを読む

寛政2年の干ばつ

寛政2年(1790)、旱天が続き、領内の稲作は減収し、公租も納まらなかった。藩では困窮した百姓のため、米5,500石を貸し出し、このうち3,000石は... 続きを読む

寛延2年の暴風雨

寛延2年(1749)6月、暴風雨により、損害が甚だしかった。加えて、牛の疫病が発生し、8月と9月に数千頭が死んだ。高松藩主の松平頼恭は困窮した領民に対... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、冬以来の降水量が少なく、7月に降雨があったが、用水の不足を補うことができず、大干ばつとなった。8月の降水量は、琴平で18.0ミ... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)7月27日から9月7日までの43日間の降雨量は32.5ミリで、8月の降雨量は1.7ミリという記録的なものであった。水稲作付面積35... 続きを読む