大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県宿毛市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月14日から降り始めた雨は、15日午後2時には豪雨となり、5時頃から雷鳴を伴い大雨となって、至る所で山崩れが起こり、9時頃には松田川が氾濫し、宿毛の大堤(総曲輪)が決壊し、濁流が宿毛町内に流れ込み、家屋の倒壊・流失・浸水が相次いだ。この大洪水による被害は、宿毛町では死者42人、家屋の流失29戸、橋の流失26箇所等、和田村では死者16人、家屋の流失7戸、橋の流失25箇所等であった。河戸堰及び水門も一部決壊したようであるが、詳しい記録は残っていない。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宿毛市教育委員会編「河戸堰」(宿毛市教育委員会、1996年)、169頁及び171-172頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 山崩れ 松田川 堤防決壊 死者
NO.
高知626

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より小雨が降り始め、翌15日正午頃には豪雨となり、午後5時頃には洪水となり、濁流が各地を襲った。被害は、幡多郡... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)8月24日、大暴雨により、富田村では河川が決壊し、宮川橋、爛川橋、石川橋、落合橋が落ち、富田中で堤防決壊180間、道路決壊2箇所6... 続きを読む

昭和26年のケイト台風

昭和26年(1951)7月1日23時頃、台風6号(ケイト台風)が宿毛・土佐清水間に上陸後、県内を通る間に衰弱したが、雨天続きの後の大雨により被害が増し... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後3時頃から降り出した雨は、22日午前6時頃には激しくなり、川々は増水を始めた。23日正午には吉野川の増水24尺2寸と... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり雷鳴絶え間なく、16日に浸水。中村町の被害は家屋の全壊4戸、流失1戸、田畑11... 続きを読む