大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県宿毛市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月14日午前5時より降雨となり、15日午後には豪雨となり、午後7時頃には濁水が河溝に溢れ、山崩れが始まった。9時頃松田川が氾濫し、松田川新地の堤防が決壊し、濁流が宿毛町内全域に流れ込み、家屋の倒壊・流失・浸水が相次いだ。浄土寺の本堂も床上3尺浸水した。(浄土寺過去帳等による)この台風による死者は宿毛町42人、和田村16人、橋上村1人、山奈村2人、小筑紫村31人に及び、このほか家屋、堤防、道路、橋梁、田畑への被害が多く、天皇陛下から御下賜金を賜った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
宿毛市史編纂委員会編「宿毛市史」(宿毛市教育委員会、1977年)、1050-1054頁及び1180頁及び1182-1187頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 松田川 浄土寺過去帳 死者
NO.
高知624

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日から降り始めた雨は、15日午後2時には豪雨となり、5時頃から雷鳴を伴い大雨となって、至る所で山崩れが起こり、9時頃には松... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より小雨が降り始め、翌15日正午頃には豪雨となり、午後5時頃には洪水となり、濁流が各地を襲った。被害は、幡多郡... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり、雷鳴絶間なく、16日に浸水。中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田畑111町歩... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月14日、台風のため午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり雷鳴絶え間なく、16日に浸水。中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり雷鳴絶え間なく、16日に浸水。中村町の被害は家屋の全壊4戸、流失1戸、田畑11... 続きを読む