宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日午後0時30分頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の地震が起き、大津波が伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸及び大阪湾、瀬戸内沿岸等を襲った。被害は高知県が最大で、浦戸湾の湾口部の種崎は全滅し死者700余人、宇佐で400余人、福島で100余人、久礼で200余人、須崎で400余人が流死した。須崎では全戸家屋が流失した集落も多かった。地震・津波の様子は「谷陵記」に詳細に記されている。(本書所収の村上仁士「須崎の地震津波」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市編「南海・チリー地震津波録 海からの警告」(須崎市、1995年)、105-107頁及び114-117頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
宝永地震 津波 死者 谷陵記
NO.
高知633

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後0時30分頃、紀伊半島沖を震源とするM8.4の地震が起き、大津波が伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸及び大阪湾、瀬戸内... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が起こり、津波は伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸、大阪湾、播磨灘、瀬戸内海沿岸まで襲った。津波の被害は高... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が起こり、津波は伊豆半島から九州に至る太平洋沿岸、大阪湾、播磨灘、瀬戸内海沿岸まで襲った。津波の被害は高... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。徳島県では、宍喰で11人が流死し、浅... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。高知種崎700余人、宇佐400余人、福島100人、久礼200余... 続きを読む