昭和47年の比島山崩れ

災害年月日
1972年09月15日
市町村
高知県高知市
災害種類
土砂災害  
概要
昭和47年(1972)9月15日午後7時15分頃、大雨により、高知市比島山北面で高さ30m、幅50mにわたり山崩れが起こり、比島2丁目の住家9戸が全壊、1戸が半壊、火災も発生し、10人が死亡、3人が負傷する惨事となった。
Googleマップ
参考画像
参考文献
高知県土木史編纂委員会編「高知県土木史」(高知県建設業協会、1998年)、471-472頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
比島山 大雨 山崩れ 火災 死者
NO.
高知692

よく似た災害

昭和47年の比島山崩れ

image

昭和47年(1972)9月15日、集中豪雨のため、高知市の比島山が崩壊し、民家を押しつぶし火災も誘発した。死者10人の被害が出た。 続きを読む

昭和47年の比島山の崩壊

image

昭和47年(1972)9月15日、豪雨により比島山が崩壊し、住家8棟が押しつぶされた上、火を出して10人が死亡した。(写真1枚) 続きを読む

昭和47年の比島災害

image

昭和47年(1972)9月、台風20号により総雨量が569ミリに達し、高知市比島でがけ崩れが発生した。被害は死者10人、全半壊家屋10戸に及んだ。 続きを読む

昭和39年の火災

昭和39年(1964)4月5日午後6時20分、京町5丁目の商家の工場から出火し、住家9軒が全半壊した。 続きを読む

昭和33年の火災

昭和33年(1958)3月5日、火災により、春野村の住家77世帯が全焼、4世帯が半焼となった。春野村に災害救助法が適用された。 続きを読む