昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県土佐市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が発生した。新宇佐町が特に大きい被害を受け、押し寄せた津波は宇佐の全地区を飲み込み、町全体が海原と化したといっても過言ではないほどであった。新宇佐町の被害は死者1人、行方不明1人、負傷55人、家屋の倒壊130戸、半壊821戸、流失341戸、浸水142戸、道路決壊13箇所、田畑浸水60町、船舶流失42隻等に及んだ。被災写真が掲載されている。
Googleマップ
参考文献
写真集「ふるさと今昔」編集委員会編「写真集 ふるさと今昔」(土佐市、1988年)、290-293頁
情報源の種類
写真集
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 写真
NO.
高知718

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬の南南西役50kmの沖合で大地震が起こり、海岸地帯には大津波が来襲した。理科年表によると、幡多郡... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道地震が発生した。地震後、高知市浦戸では25分後に、室戸では約10分後に、須崎では15分前後で津波が... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早暁、南海大地震が起こり、さらに津波と火災により大被害となった。内務省「南海大地震被害一覧」によると、高知県の被害は... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、市内各所で家屋の倒壊・半壊、藍田の陥没、田畑の浸水等の被害があった。最も被害が大きかったのは撫養... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明に、南海大地震が起こった。編者の体験記によると、津波は昭和19年の東南海地震の時と同様に押し寄せたが、日和佐町の... 続きを読む