正徳3年の干ばつ

災害年月日
1713年07月19日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
正徳3年(1713)閏5月27日より7月12日、干ばつ。南路志には「閏5月27日より7月12月まで日数45日大干、野山草木枯れ作付大半損失、中でも山分の畑作には一品も痛まずという事なし、何才も覚えぬ日照の由」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、18-19頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 南路志
NO.
高知780

よく似た災害

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつで、163日間雨が降らなかった。田植えができず、畑作に転換する者も出た。田植えした稲も立枯になるという状況であったが、その... 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

正徳5年11月の風雨

正徳5年(1715)11月8日、雷雨。南路志には「11月8日申上刻(16時)より雨夜中大風雨洪水、戌刻より子中刻(21~1時)引きらず雷雨止まず前代未... 続きを読む

慶応4年の長雨

image

慶応4年(1868)閏4月~5月、長雨、新居川(仁淀川)大水。真覚寺日記には「5月18日、当年ほど雨の降る年もなく暑き事もなし。此頃の雨天の寒さに風を... 続きを読む

正徳5年8月の大雨

正徳5年(1715)8月12日、大雨、洪水。酉刻より戌下刻まで(18~21時)大雷雨止まず。(「南路志」による) 続きを読む