寛政10年の干ばつ

災害年月日
1798年06月29日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
寛政10年(1798)5月16日~8月15日、90日間干天続き、秋作皆無多し、窪地の岩戸出間以東は豊作。(「戸波村史」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、34-35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 戸波村史
NO.
高知790

よく似た災害

寛政10年の干ばつ

寛政10年(1798)5月から8月まで90日間、大干ばつ、稲作皆無に近い。(「戸波村史」による) 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)5月~7月、干ばつにより、稲作皆無の所多し。(「戸波村史」による) 続きを読む

嘉永6年の干ばつ

嘉永6年(1853)5月23日より7月3日の40日、干ばつにより、稲作皆無の所多し。(「戸波村史」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月末より8月初まで、雨少なく西日本被害。綜合斗賀野村史略には「50日間降らず水稲多く枯死」と、佐川町史には「7月5日より不降水... 続きを読む

文政12年の干ばつ

文政12年(1829)6月17日から8月10日まで、53日間日照りが続き、大干ばつとなり、作物の実りが十分でなかった。しかし、水の続いたところは豊作を... 続きを読む