昭和30年8月の大雨

災害年月日
1955年08月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和30年(1955)8月29日~30日、低気圧の東進に伴い強雨が中部、東部の山間部に集中した。29日の雨量は天坪252ミリ、地蔵寺235ミリを記録した。被害は家屋一部破損2戸、床下浸水90戸、半壊2戸、田冠水31戸、畑冠水20戸、道路11箇所、橋1箇所、山崩れ15箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、126頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 山崩れ
NO.
高知833

よく似た災害

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日14時頃、台風16号が土佐市宇佐付近に上陸し、北進した。28日夜から強雨が始まり、総雨量は轟で760ミリ、魚梁瀬デ6... 続きを読む

昭和24年の大雨

昭和24年(1949)5月19日、低気圧の通過に伴い100ミリ内外の大雨となった。特に野根、魚梁瀬では230ミリを記録した。被害は流失1戸、床上浸水2... 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通り、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。雨量は桑尾で340ミリ、伊野で328ミリ、大野見で321... 続きを読む

昭和14年9月の大雨

昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304... 続きを読む