昭和36年10月26日の大雨

災害年月日
1961年10月26日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)10月26日~27日、大雨。本県の山間部では26日夜1時間に20~40ミリの大雨が降り続き、総雨量は西では高岡郡船戸で448ミリ、東の安芸郡轟で566ミリであった。各河川は著しく増水し、特に渡川・具同では27日3時に最高水位7.9mに達し、警戒数を1.4m突破した。被害は行方不明1人、家屋半壊2戸、床上浸水38戸、床下浸水196戸、一部破損6戸、田流失5町、冠水245町、畑238町、橋7箇所、道路32箇所、堤防6箇所、山崩れ・崖崩れ33箇所、鉄軌1箇所、通信2箇所、船24隻に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、141頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 渡川 洪水 行方不明 山崩れ
NO.
高知863

よく似た災害

昭和39年6月25日の大雨

昭和39年(1964)6月25日~26日、梅雨前線が活発になり大雨となって、幡多地方で河川が増水した。被害は江川崎で行方不明者1人、家屋半壊1戸、田冠... 続きを読む

昭和29年6月28日の大雨

昭和29年(1954)6月28日~29日、県東部で大雨となった。2日間の雨量は多いところで400~500ミリとなった。被害は死者1人、行方不明者2人、... 続きを読む

昭和36年10月6日の大雨

昭和36年(1961)10月6日、寒冷前線を伴う低気圧が通過したため、県中部地区で夕方から夜半にかけて雷雨を伴う集中豪雨があった。大豊村では21時から... 続きを読む

昭和32年9月9日の大雨

昭和32年(1957)9月9日~11日、大雨となった。3日間雨量は土佐清水で269ミリ、中村で262ミリ、野根で352ミリ、佐賀で287ミリ、佐喜浜で... 続きを読む

昭和27年7月8日の大雨

昭和27年(1952)7月8日~11日、梅雨前線による大雨のため、県下の被害は死者14人、負傷者8人、行方不明2人、家屋の半壊36戸、流失6戸、床上浸... 続きを読む