昭和38年6月の大雨

災害年月日
1963年06月02日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)6月2日~4日、梅雨前線による大雨。本県では6月3日夜から4日朝にかけて、風雨が強くなり、特に佐喜浜では1時間雨量が30ミリの強雨を観測した。2日~4日の3日間雨量は西部海岸、中央部から北東県境で多く300ミリであった。被害は家屋全壊16戸、床下浸水445戸、一部破損1戸、田冠水383町、畑50町、道路17箇所、堤防4箇所、山崩れ・崖崩れ21箇所、通信1箇所、鉄軌1箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、144頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線 山崩れ
NO.
高知870

よく似た災害

昭和29年7月18日の大雨

昭和29年(1954)7月18日~19日、県の中央部で大雨となった。被害は家屋全壊1戸、半壊2戸、床上浸水16戸、床下浸水215戸、堤防決壊3戸、道路... 続きを読む

昭和32年9月9日の大雨

昭和32年(1957)9月9日~11日、大雨となった。3日間雨量は土佐清水で269ミリ、中村で262ミリ、野根で352ミリ、佐賀で287ミリ、佐喜浜で... 続きを読む

昭和36年7月の大雨

昭和36年(1961)7月24日、熱帯低気圧が九州西方を北上したため、県中央部で大雨となった。24日夜から25日朝の雨は地蔵寺で213ミリ、天坪で20... 続きを読む

昭和28年7月の大雨

昭和28年(1953)7月18日、梅雨前線の停滞により、香川県では雷鳴を伴った大雨が降り、県中央部では特に甚だしかった。県下の被害は死者1人、行方不明... 続きを読む

昭和41年5月の大雨

昭和41年(1966)5月20日、九州南西海上の低気圧が非常に遅い速度で東に進み、石垣島南方海上の熱帯低気圧は北上を続けたため、本県に集風線が形成され... 続きを読む