天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年00月00日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)、地震。白鳳の大地震と言われ、土佐沖にあった黒田郷八幡畦が陥没したと伝えられている。
Googleマップ
備考
原資料では天武天皇13年(685)となっているが、天武天皇13年(684)に修正した。
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、88頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
白鳳地震 黒田郷
NO.
高知1020

よく似た災害

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、土佐国田苑50万頃が陥没し、さらに11月3日の余震で大津波があった。この地震で黒田郷が消え去ったと伝え... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

天武13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震により、土佐の国では特に激烈を極め、黒田郷が陥没したと言い伝えられている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日亥の刻(午後10時頃)、大いに震う、国を挙げて男女叫びまどいぬ、山崩れ河湧き、土佐の国の田苑五十余万頃、うもれて海とな... 続きを読む

天武天皇13年の地震

image

天武13年(684)10月14日、地震が発生した。日本書紀には「土佐国の田苑五十余万頃、没して海となる。」と記されており、このことは「五社鎮座傳記」(... 続きを読む