大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、豪雨と高波を伴った台風が足摺岬に上陸し、愛媛県大洲から八幡浜、島根県境を通り日本海に抜けた。豪雨のため、足摺の山は崩れ、田畑の石垣が流れ、渓谷は濁流の谷となった。また、高波によって「駄場のはな」に積んであったぼさは流されたという。その中で、足摺岬では人命を失うこともなく、住居の被害もあまり見られなかったことは不幸中の幸いであった。
Googleマップ
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、90頁及び96-98頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 豪雨 高波 山崩れ
NO.
高知1025

よく似た災害

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月、豪雨による大洪水のため僧都川が氾濫し、観栄橋を含むほとんどの橋が流された。城辺でぎおん祭りの斗牛がひらかれていたが、集まって... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、高知で風速11.3m/秒、足摺岬29.5m/秒、雨量394ミリであった。(高知新聞による) 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日、豪雨のため、諸川増水氾濫して、橋は流され、堤防は決壊して、家屋を流し、農作物を埋め、田野は海のような状態となった。舟で... 続きを読む

大正10年の干ばつ

大正10年(1921)5月から7月までの約60日間、降雨がなく、日照り続きであった。稲の植え付けは済ませたものの、その後に雨がなかったため、あちらこち... 続きを読む

大正5年8月1日の雷雨

大正5年(1916)8月1日13時頃より、香川県で発雷したが、その中で多度津付近のものが最も激烈であった。落雷は5箇所以上で、河川は氾濫した。丸亀市で... 続きを読む