慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、南海道沖大震。夜頓に地震す。其夜半ばかり四海波す。大潮入りて国々浦々破損滅亡す。(「暁印置文」による)
Googleマップ
備考
原資料では月日をグレゴリオ暦で表記しているが、ユニウス暦で示した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「渡川改修四十年史」(四国建設弘済会、1970年)、657頁
情報源の種類
事業誌
キーワード
慶長地震 津波 暁印置文
NO.
高知1093

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、南海道沖大震。暁印置文には「16日の夜頓に地震す、其夜半ばかり四海波す、大潮入りて国々浦々破損滅亡す、崎の浜老若男女... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日亥の刻(午後10時頃)、大地震が発生した。崎之浜談議所の住僧権大僧都の阿闍梨「暁印の置文」によると、津波によって国々の... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日夜、地震が発生し、津波により浦々破損滅亡した。崎の浜でも50人ほど流死した。山田之庄郷の山田助右衛門という侍は夫婦息子... 続きを読む

慶長9年の台風

慶長9年(1604)7月12日、大暴風雨、洪水。お盆の夜、地震もあった。(「町史年表」等による)/「暁印置文」によると、浦々男女400人余、甲浦は35... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生した。津波により崎の浜(佐喜浜)で500人流死し、西寺、東寺の麓の浦々でも400人余、甲浦では350人、宍... 続きを読む