明治19年の台風

災害年月日
1886年00月00日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
土砂災害  
概要
明治19年(1886)、台風により、長者川に流路を代えて以来、長者地すべりが活発化したとされている。この研究では、長者地すべり地を対象として、地質構造の考察から地すべり斜面変遷過程を明らかにし、それが現在の地すべり運動にどう影響しているかについて考察が行われている。
Googleマップ
参考画像
参考文献
檜垣大助「長者地すべり地における地すべり斜面の変遷過程」(日本地すべり学会編「地すべりVol.29-2」日本地すべり学会、1992年、所収)、12-19頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 長者川 長者地すべり
NO.
高知1124

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号に伴う集中豪雨(連続雨量1,290ミリ)により、土佐町下地蔵寺で地すべりが起こり、家屋が被災した。この研究では、... 続きを読む

昭和51年の地すべり

image

昭和51年(1976)、台風17号による豪雨のため、仁淀村長者で68~167cm/年の移動があった。(「長者地すべりパンフレット」等による) 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震津波が浅川を襲った。この時の津波資料は比較的残されており、津波の痕跡が現存し、また津波の目撃者もかなり生存している。そ... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風に伴う豪雨のため、長者川は未曾有の大洪水を起こし、旧長者村では10人の死者を出すとともに、長者川上流の古生寺では... 続きを読む

平成11年の谷ノ内地すべり

平成11年(1999)、越知町の谷ノ内地すべりでは、150ミリ/年の変位量が観測された。また、同年には民家床下に亀裂が発生し、住民が一時避難するなどの... 続きを読む