昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による豪雨のため、仁淀川の支川で氾濫や内水被害が起こったほか、仁淀川本川では伊野町の水位が戦後最大のT.P.20.12mを記録した。このため、土佐市の堤防が破堤したのをはじめ、沿川各所で法崩れ、漏水、決壊が相次いだ。高知県下の被害は死者・行方不明77人、家屋全半壊1,760戸、床上浸水家屋12,240戸、被害総額1,400億円に上ったが、そのほとんどが仁淀川流域に集中した。そのうち土砂災害による被害は死者・行方不明68人、全半壊家屋926戸であった。
Googleマップ
参考文献
西川修・松井伸一「昭和50年8月高知県『仁淀川災害』」(砂防学会編「砂防学会誌Vol.50-1」砂防学会、1997年、所収)89-91頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 豪雨 仁淀川 破堤 死者
NO.
高知1129

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州、四国を横断し、死者213人、行方不明3人の被害を出した。佐川では稀有の大洪水となり、死者3人、家屋の全壊... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)7月12日、台風が豊後水道を北上し、2日間連続の大雨により仁淀川は大洪水となった。名野川で566ミリ、全壊・半壊131戸、高瀬峰で... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、県下の被害は死者11人、行方不明6人、負傷者9人、家全半壊2,291棟に上った。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月2日、台風が佐賀町付近に上陸した。県下の被害は、死者・行方不明者13人、家屋全半壊18,000戸などであった。 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日~30日、台風。死者行方不明6人、家屋全半壊153戸、家屋浸水1,115戸など。(「愛媛県地域防災計画」による) 続きを読む