明治23年の豪雨

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日、三度の台風来襲でもたらされた合計3,500ミリの豪雨によって、長者川は未曾有の大洪水となり、脚部が侵食され、耕地に亀裂、段差が発生した。仁淀村では、雨を持ちきれない山々は至る所で湧水して山崩れを生じ、濁流となって田畑は一面の泥海と化した。山岳は大鳴動を起こして崩壊し、増水した濁流は人家を呑み込み、10人近くが犠牲になった。(「仁淀村史」等による)
Googleマップ
参考画像

参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、30頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
豪雨 長者川 洪水 山崩れ 死者
NO.
高知1226

よく似た災害

明治23年の台風

明治23年(1890)の暴風雨により、山々は至る所で放水して山崩れを生じ、濁流が人家と田畑を被い、至る所生き地獄と化した。(「仁淀村史」による) 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日午前中、大雨となり、川は増水、氾濫し、12時頃には山が崩れた。田畑は一面の泥海と化し、濁流により材木、馬、家屋が流れた... 続きを読む

明治23年の地すべり

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む

明治23年の地すべり

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む