昭和50年の土砂災害

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日8月50分、台風5号が宿毛市付近に上陸し、北上した。台風が伊予灘に出た昼頃から、仁淀川上流に雷を伴った激しい雨が数時間降り続き、夕方には雨域が鏡川上流に移った。このため、主として仁淀川流域に大きな被害が発生した。特に土佐市、日高村、伊野町、鏡村、吾北村を結ぶ区域と、これよりやや西側の佐川町、越知町、池川町を結ぶ区域に土砂災害が集中している。がけ崩れの発生は262県で、被害は31市町村に及び、死者24人、負傷者25人、全壊134戸、半壊81戸等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
友松靖夫「台風5号の爪跡ー高知県における土砂災害ー」(日本地すべり学会編「地すべりVol.12-3」日本地すべり学会、1975年、所収)、36-39頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 仁淀川 土砂災害 死者
NO.
高知1288

よく似た災害

明治32年の土砂災害

明治32年(1899)8月28日、台風により、吉野川上流域で土砂災害が起こり、被害は死者16人、行方不明32人、全壊74戸に及んだ。(吉野川上・中流域... 続きを読む

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)と昭和51年(1976)の両年に、吉野川上流域では激甚な山地災害が発生した。この報告では、昭和51年台風17号災害直後に撮影され... 続きを読む

昭和51年の土砂災害

昭和50年(1975)と昭和51年(1976)の両年に、吉野川上流域では激甚な山地災害が発生した。この報告では、昭和51年台風17号災害直後に撮影され... 続きを読む

昭和50年の土砂災害

昭和50年(1975)8月22日未明より襲来した台風5号は、徳島県下に記録的な豪雨をもたらし、最高雨量は剣山で812ミリに達した。県下の被害は死者15... 続きを読む

平成17年の台風14号による土砂災害

平成17年(2005)9月7日、台風14号により、物部川上流では山腹崩壊等による土砂生産や、河道への土砂流出があった。また、物部川では、この台風以降濁... 続きを読む