天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖で地震が起こり、被害は広大な地域にわたり、また大津波を伴った。土佐の田園50余万頃(約10平方km)没して海となったという。この時、道後の温泉が止まった。この大津波、高知市の沈降及び道後温泉の一時停止という3つの事項が昭和21年(1946)の南海道大地震と酷似しているので、震源も大体同じ場所と推定される。
Googleマップ
備考
原資料では天武天皇12年となっているが、天武天皇13年に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷺坂清信「歴史時代における四国地方の地殻変動について(第一報)」(四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第一輯」四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会事務局、1949年、所収)、6頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
白鳳地震 津波 道後温泉 地盤沈下
NO.
高知1312

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、大地震。道後温泉の湧出が止まる。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖大震(白鳳大地震)により、民家多く倒る。土佐の田苑12平方km海となる。津波ある。(「理科年表」による)... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、南海道沖の大地震により、東海道、四国、九州一帯は大被害を受けた。余に白鳳の大地震という。日本書紀によると、「人民... 続きを読む