明治25年7月の台風

災害年月日
1892年07月23日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  土砂災害  高潮  
概要
明治25年(1892)7月23日、台風が高知市に上陸し、山陰に抜けた。記録的な大雨となり、県南山地の各所で山崩れが生じた。川上村平井の保瀬で48名、下木頭村大戸の高磯山で65名、福原村田野々の葛又山で16名など、全県で311名の死者が出た。高鉾村正木の槻地山も崩壊し、藤川を埋め勝浦川は、「赤土水」という濁流で満水となった。また、高潮のため、海岸地域には海水が浸入して被害を増大させた。満潮面からの潮位は、小松島で10cm、和田島で13cm上昇した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、517頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 槻地山 勝浦川 赤土水 高潮
NO.
徳島397

よく似た災害

明治32年7月の台風

image

明治32年(1899)7月8日、台風が鹿児島県に上陸し、ゆっくり北上した。8日からの2日間の雨量は、小松島で274ミリであったが、勝浦川上流では特に多... 続きを読む

明治33年の台風

明治33年(1900)9月28日、大型台風が四国沖を通過した。27日の雨量は、小松島で235ミリ、福原で207ミリに達し、勝浦川は増水した。しかし、こ... 続きを読む

安政3年の台風

安政3年(1856)8月1日、大暴風雨、阿波洪水。八朔水という。勝浦川沿岸の被害甚大と伝えられる。(「勝浦郡誌」による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、大型台風が県南海岸を北東に進み、夜半小松島を通過して阪神に上陸した。22日からの2日間雨量は、勝浦川流域で500ミリ以... 続きを読む

明治25年7月の台風

明治25年(1892)7月、台風による洪水と高潮のため、徳島市、名東郡、板野郡等で浸水被害が発生した。また、那賀川中流の高磯山が崩壊し、その後那賀川を... 続きを読む