明治32年9月の台風

災害年月日
1899年09月08日
市町村
徳島県小松島市
災害種類
風水害  土砂災害  高潮  
概要
明治32年(1899)9月8日、台風により、勝浦川では上流の高鉾村正木で山が崩壊し、下流では7月の決壊で仮止め堤防となっていた江田村の堤防から上流部の前原村にかけて160mにわたり決壊した。菖蒲田川が本流と化し、神代橋は崩壊し、小松島町は約1ヶ月間濁水の中に置かれた。洪水被害は、死者2名、流出家屋18戸に及んだ。また、金磯新田では護岸堤防が破壊され、海水が全村に浸水し、倒壊家屋5戸、田畑の埋没50ha余、荒廃田50ha余になった。10月から900m余の勝浦川の修築が行われた。
Googleマップ
備考
小松島市前原町の勝浦川堤防上に「修堤碑」が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、519-521頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 勝浦川 堤防決壊 死者 金磯新田
NO.
徳島399

よく似た災害

明治32年7月の台風

image

明治32年(1899)7月8日、台風が鹿児島県に上陸し、ゆっくり北上した。8日からの2日間の雨量は、小松島で274ミリであったが、勝浦川上流では特に多... 続きを読む

昭和20年6月の洪水

昭和20年(1945)6月、大雷雨、勝浦川増水により、堤防決壊し、麦が押し流された。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

明治25年7月の台風

明治25年(1892)7月、台風による洪水と高潮のため、徳島市、名東郡、板野郡等で浸水被害が発生した。また、那賀川中流の高磯山が崩壊し、その後那賀川を... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月8日、9日、暴風雨により、吉野川大洪水。県西地方では「銅山川流れ」あり、県下農作物は3割2分の減収となった。阿波郡では日開谷... 続きを読む

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、立岩川、石手川の堤防決壊し、櫛生村で山岳崩壊して死者80人。 続きを読む