安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
徳島県板野郡
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻に地震が起こり、人々は出火の用心をしていたところ、翌5日申刻に天地が覆るような地震が起こった。被害は、大松村で潰家12軒、大破損8軒、中島浦で潰家10軒、大破7軒、榎瀬村で潰家9軒、大破12軒、加賀須野村で潰家7軒、大破6軒、竹須賀村で潰家3軒、大破3軒、平石村で潰家6軒、大破7軒、宮島浦で潰家28軒、大破20軒、鶴島浦で潰家4軒、大破8軒、鈴江村で潰家3軒、大破7軒、沖島村で潰家10軒、大破10軒等に及んだ。敬渝碑の碑文や地震の歌も記されている。
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
板野郡教育会編「板野郡誌 下巻」(名著出版、1972年)、1417-1430頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 敬渝碑 地震の歌
NO.
徳島448

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻に地震が起こり、人々は出火の用心をしていたところ、翌5日申刻に天地が覆るような地震が起こった。被害は、大松村で... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝辰の下刻に地震が起こり、所々で建物が傷んだという。その夜2、3度小さな地震があり、翌5日申刻に天地が覆るような地震が起... 続きを読む

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こった。さらに32時間後の5日午後4時頃、同規模の地震が紀州沖で発生し... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日巳上刻(午前10時頃)、大地震があり、人々は戸外に走り出て、注意深い人は火の片付けをする者もいたが、煙草を4、5服のむ間... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月7日、三崎半島付近を震源とする地震が起こり、伊予大洲及び吉田で多くの潰家を生じた。 続きを読む