昭和6年の干ばつ

災害年月日
1931年00月00日
市町村
徳島県阿波市(阿波町)
災害種類
渇水  
概要
昭和6年(1931)、干害で田は真っ白になった。雨乞いが8月17日から9月16日までの31日間行われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
阿波町史編纂委員会編「阿波町史」(阿波町、1979年)、79頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い
NO.
徳島464

よく似た災害

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)6月1日より7月10日まで70日間、干ばつ。7月16日から25日まで雨乞いの念仏修行が行われた。(「了月院過去帳」による) 続きを読む

文久元年の干ばつ

文久元年(1861)5月7日から6月26日まで50日間雨が降らず、辰ノ口(道野尾)で6月26日に大雨乞の祈願が行われた。 続きを読む

昭和4年の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日から9月18日までの71日間、干ばつ。 続きを読む

大正10年の干ばつ

大正10年(1921)5月から7月までの約60日間、降雨がなく、日照り続きであった。稲の植え付けは済ませたものの、その後に雨がなかったため、あちらこち... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)8月19日、阿野南組によって滝宮神社と滝宮天満宮で雨乞い念仏踊りが奉納された。この年は県下全域で雨乞いが行われ、念仏踊りが奉納され... 続きを読む