明治25年の洪水

災害年月日
1892年07月25日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月25日、長時間の暴風雨と満潮が重なって、海部川は至る所で堤防が決壊し大洪水となった。16時間にもわたる暴風雨で増水した海部川が河口での満潮によって堰き止められ、池内徳蔵「諸経歴概要記」によると、25日午前5時に最高水位となり、水嵩は海部川堤上3尺内外であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 上巻」(海南町、1995年)、578-580頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 満潮 海部川 池内徳蔵 諸経歴概要記
NO.
徳島545

よく似た災害

明治24年の洪水

明治24年(1891)8月16日、洪水によりかねてから憂慮していたように人家及び農作物に大きな被害が出た。(池内徳蔵「諸経歴概要記」による) 続きを読む

明治25年の保勢崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢山の中腹が幅300m、長さ800mにわたり崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月、洪水により海部川左岸の川東・川西両村で浸水家屋175戸、冠水田畑256町歩という被害が出た。これは、海部川右岸の奥浦村民が... 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)10月15日、海部川洪水、堤防決壊、伊勢田橋流失。 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)8月21日、海部川洪水、吉野住民堤防防護に狂奔。 続きを読む