明治25年の杖追の崩壊

災害年月日
1892年07月25日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
土砂災害  
概要
明治25年(1892)7月25日午前3時頃、川上村大字小川の杖追が崩壊して、海部川を堰き止めた。堰き止めにより、小川では川沿いの低地にあった家々と小川簡易小学校の校舎が流失し、死者2人を出した。死体は小川谷上流1.5km当たりの榎の木にかかっていたところを発見された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
海南町史編さん委員会編「海南町史 上巻」(海南町、1995年)、581-582頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
杖追の崩壊 海部川 堰き止め 小川 死者
NO.
徳島546

よく似た災害

昭和46年の台風10号

昭和46年(1971)8月20日、台風10号が今治市付近を通過し、津倉小学校の校庭の巨木・ヒマラヤシーダーが倒れ、吉海中学校の校舎の屋根瓦がはがれ、亀... 続きを読む

昭和46年の台風10号

昭和46年(1971)8月20日、台風10号が今治市付近を通過し、津倉小学校の校庭の巨木・ヒマラヤシーダーが倒れ、吉海中学校の校舎の屋根瓦がはがれ、亀... 続きを読む

明治14年の台風

明治14年(1881)、台風により、柏崎小学校の校舎が倒壊。 続きを読む

明治25年の保瀬の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、豪雨が海部川上流や那賀川上流を襲ったため、保瀬で大崩壊(土量約200万立米)が起こり、海部川の水を堰き止めた。このた... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風により、本山小学校の講堂が倒壊し、豊中中学校の校舎の屋根がたる木ごと吹き飛ばされた。 続きを読む