昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県神山町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、県南地方は津波により相当な被害を受けたが、上分上山村ではほとんど被害がなかった。しかし、山鳴りがとどろき渡り、山々が一面に白く発光したのを見た人が多い。その後たびたび地震があったために、人々は恐怖に見舞われた。
Googleマップ
備考
原資料では12月24日となっているが、12月21日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上分上山村誌編集委員会編「上分上山村誌」(上分上山村誌編集委員会、1978年)、361頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 発光
NO.
徳島552

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起こった。この記録には、当時小学校5年生で昭和南海地震を体験した人が地震から学んだことなどが記されている... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起こった。この記録には、当時小学校5年生で昭和南海地震を体験した人が地震から学んだことなどが記されている... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海地震が発生した。飯山町には正確な記録は残されていないが、地震を経験した人の話では、大きな地鳴りと... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、ゆり始め、12月30日まで約60日も地震が続いた。家の倒壊、山崩れ等が各所で起こり、人々は竹やぶや広い安全な地に小屋を... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こり、津波が襲来して原町、新町は全町浸水した。須崎駅辺りでは火災も起こった。この記録には、... 続きを読む