大正元年の風雨

災害年月日
1912年08月21日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正元年(1912)8月21日、大風雨により休場神宮寺下の山麓崩壊、家屋3軒倒壊、負傷1人。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1068頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 休場 山崩れ
NO.
徳島596

よく似た災害

大正元年の山崩れ

大正元年(1912)8月21日、暴風雨の夜半、冨士権現下の山麓が高さ10m、幅10mにわたって崩壊し、住家3軒が土砂に押しつぶされた。村民総出で埋没物... 続きを読む

明治28年の台風

明治28年(1895)8月22日、台風により木之内の神宮寺山麓、半田川岸が大崩壊、道路不通。(「徳島県史」による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月21日~22日、台風。死者21人、負傷者4人、家屋全半壊10戸、家屋流失28戸、家屋浸水3,909戸など。(「愛媛県地域防災計... 続きを読む

明治21年の山崩れ

image

明治21年(1888)、神宮寺からの山水が地層にしみ込んで大亀裂を始めた。神宮寺の半鐘が鳴って、大勢が集合して防御工事をしたため、大事には至らなかった... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日~23日、別宮川の堤防が2箇所で決壊した。死者8人、負傷2人、流失崩壊の住家28棟、浸水の住家810棟、流失崩壊の非住家... 続きを読む