昭和50年の台風6号

災害年月日
1975年08月22日
市町村
徳島県つるぎ町(半田町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月22日、台風6号により大洪水、特に大惣・小谷・樫尾地区の降水量大。樫尾の裏山崩壊、死者1人。蔭名東地区、馬越上流崩壊。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
半田町誌出版委員会編「半田町誌 上巻」(半田町、1985年)、1071頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 樫尾 山崩れ 死者
NO.
徳島601

よく似た災害

承応元年の山崩れ

承応元年(1652)8月、柳瀬地区の裏山が崩壊し、民家6戸埋没。(「柳瀬部落誌」による) 続きを読む

安政元年の南海地震による土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、土佐町の宮古野集落の裏山崩壊、地蔵寺川沿いの崩壊・落石が発生した。 続きを読む

平成12年9月の大雨

平成12年(2000)9月8日~16日、台風14号と15号及び秋雨前線により大雨となった。伊島と富岡で床上浸水3戸、椿泊町東で裏山崩壊、蒲生田で11日... 続きを読む

昭和27年7月10日の豪雨

昭和27年(1952)7月10日~11日、豪雨により、東予及び中予地区の降水量が多く、大水害を受けた。(「愛媛県史」、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

昭和39年の大雨

昭和39年(1964)6月24日~27日、大雨により、宇和島の降水量202ミリ、大洲付近で被害。伊方観測所の降水量は193ミリ。 続きを読む