昭和37年6月の大雨

災害年月日
1962年06月09日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和37年(1962)6月9日から10日未明にかけて、梅雨前線の活動が活発になり、徳島県内でも南部で200ミリ、その他の各地で100ミリ前後の大雨が降り、海部郡内や那賀川上流域で山崩れが起きた。また、雨は14日まで続き、14日11時過ぎ阿南市長生町のトンネル工事現場で降雨のため地盤が緩み、落盤事故が発生し、16人が生き埋めとなり、そのうち7人が犠牲になった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、157-158頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線 山崩れ 落盤事故 死者
NO.
徳島981

よく似た災害

昭和37年6月の大雨

昭和37年(1962)6月9日から10日未明にかけて、梅雨前線の活動が活発になり、徳島県内でも南部で200ミリ、その他の各地で100ミリ前後の大雨が降... 続きを読む

昭和31年のハリエット台風

昭和31年(1956)9月21日~27日のハリエット台風により、若林地区には地すべりの危険性が生じ、25日には祖谷川ダム工事現場で人夫が転落行方不明、... 続きを読む

平成16年12月の豪雨

平成16年(2004)12月6日22時50分頃、豪雨により、財田町大字財田上字天狗嶽の国道32号の財田第3トンネル高松側坑口部で斜面崩壊が発生した。ト... 続きを読む

昭和41年の地すべり

昭和41年(1966)5月21日~22日の集中豪雨により、23日午前6時過ぎに大豊町小川で大規模な山崩れがあり、国道32号と土讃線が不通になった。この... 続きを読む

明治39年の台風

明治39年(1906)10月24日、県全域で暴風雨、小海坂トンネル崩壊、引田町の雨量79.2ミリ。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む