昭和36年の梅雨前線豪雨

災害年月日
1961年06月24日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)6月24日15時頃から、梅雨前線による豪雨が始まり25日朝まで続き、宍喰では644ミリの記録的大雨となった。24日~29日の宍喰の総雨量1,089ミリは平地としては日本最大のものであった。被害は重傷3人、軽傷1人、家の全壊1戸、半壊6戸、床上浸水290戸、床下浸水3,124戸、一部破損8戸、冠水田6,378ha、畑148ha、道路21箇所、橋流失4箇所、堤防1箇所、山崩れ19箇所、木材流失296㎡(28日県警調べ)に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県災異誌」(徳島県史編さん委員会、1962年)、79-80頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 梅雨前線 宍喰 山崩れ
NO.
徳島1297

よく似た災害

昭和36年の梅雨前線豪雨

昭和36年(1961)6月24日15時頃から、梅雨前線による豪雨が始まり25日朝まで続き、宍喰では644ミリの記録的大雨となった。24日~29日の宍喰... 続きを読む

昭和49年の梅雨前線・台風8号

昭和49年(1974)7月4日~9日、停滞していた梅雨前線が台風8号により刺激を受けて大雨を降らせた。上分字府殿では鮎喰川の増水により製材所と居宅が流... 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月22日~25日、豪雨による大洪水のため、肱川村は甚大な被害を被った。被害は、死者1人、住家の流失1戸、全壊3戸、半壊1戸、床... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、台風2号(デラ台風)により、県下の被害は行方不明4人、全壊19戸、半壊・流失7戸、焼失1戸、床上浸水320戸、床下浸... 続きを読む

昭和32年9月9日の大雨

昭和32年(1957)9月9日~11日、大雨となった。3日間雨量は土佐清水で269ミリ、中村で262ミリ、野根で352ミリ、佐賀で287ミリ、佐喜浜で... 続きを読む